*歌いながら*~続・乳がん闘病記~

2011年6月10日に、乳がんの告知を受けました。このブログは、乳がんの手術を受ける直前から受けた時、その後の闘病記です。 前ブログ→http://singinginthesun.seesaa.net/

斉木 緋冴。の、続・乳がん闘病記へようこそ。
seesaaブログから、引っ越してきました。

前ブログ→http://singinginthesun.seesaa.net/

情報としては、大したことはないと思いますが、
毎日感じている「何か」を、綴って行けたらと思います。

不定期更新ですので、それでも良かったら、お付き合い下さいませ。

こんにちは、皆様。

「来るだろうな」と思われていた日が、ついに来てしまったのか、
「来ないだろうな」と思われていた日が、ついに来てしまったのか。

フリーアナウンサーで、歌舞伎役者市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんが、亡くなられました。
こう……、分かるんですよね、周りの人がどう感じているのか、というのが。
「触れない方が良いのかな、それとも、触れた方が良いのかな……」というような、
逡巡した感情を受け取ってしまいます。

実際、私も何故だか分かりませんが、訃報を見た後から、左胸のリンパが痛くて堪りません。
じわじわチクチク、まるでそこに「傷があること忘れんなよ! けっ!」って、
言われているかのような、ちゃぶ台ひっくり返したくなるような勢いで、痛みを感じます。

***

「人生は一度きり」。

どうして、この一言は「ふつうのひと」の心の中に、根を張ってくれないのでしょう。

がんサバイバーは、毎日この言葉を有り難く思って、生きているものだと思っています。

私ももれなく、有り難く思っています。

そして、自戒を込めた意味でも、この言葉を使います。

「人生は一度きり」だから、一生懸命、後悔しないように生きよう。

生きるのは怖いでしょう。

空しいでしょう。

悲しいでしょう。

辛いでしょう。

でも、死ぬことよりもずーーーーーっとマシなのです。

何故なら、「生きているから」。

病気になったから、できないことなどない。

病気になったから、したらいけないことなどない。

何故なら、「生きているから」。

……「生きているから」。

***

小さいお子さんを二人も残して逝ってしまった、麻央さんの心中いかばかりかと思いますが、
でも、彼女は「一生懸命生きた」と思います。

とても、真剣に、ひたむきに。

赤の他人が言えることではないのですが、彼女は、「花丸の人生」を送ったと思います。

きっと、ご家族から特大の「花丸」を贈られたと、思います。

***

小林麻央さん、闘病、大変お疲れさまでした。

こんにちは、お久しぶりです。
タイトル通りのことを、ご報告したいと思いまして。
既に、終わってから2か月が経とうとしておりますけども!笑

夫が休みを取ってくれたので、浜松時代に子育て支援させてもらった、
Sさんご一家のお宅へ、夫を紹介しにお邪魔しました。
2か月の終わりくらいから、支援させてもらっていたNちゃんも、
いつの間にかすーっかり「おねえさん」の顔になっていて、
弟のTくんと♪仲良くケンカしな♪状態で……。
ああ、月日が経つのって、本当に早いです。汗

夫は、Sさんパパのことを「イクメンですごい!」と言っていて、
Sさんご夫婦は、夫のことを「すごく出来た旦那さま」と言っていて、
……うん、まあ、そうなのかな……?笑

その日は、弁天島の鳥居が見えるホテルに泊まって、夕陽を楽しみました。
翌日、浜松オンコロジーセンターに向かって、最後のリュープリン。
「これが身体から消える頃には、また急激な変化があるのかな……」と、
少々不安になったりもしましたけど。
でも、無事、「5年間のホルモン治療」が終了して、アナストロゾールも、
関節の痛みのために飲んでいたお薬(名前忘れた)もなくなったので、
……「自由」とは違うんですけど、何か、そんな感じです。

いつだって、胸にキズがあることを確認するたびに、[ふつうのひと」と、
ちょっと違うんだということを自覚しますし、そのたびにしょんぼりします。
でも、結局は前を向かないといけないことですし、向かなければ、
前に進めなければ、待っているのは「死」でしかないと思っているんです。

この次の5年、「元気な病人」でいたい。
その先の5年、「元気な病人」でいたい。
その次の先も、そのもっと先も、「元気な病人」でいたい。
そのために、基本は前を向いていようと思います。
時々は躓いて、転んで、でも一回転してまた立ち上がって。
後ろを向いたって、立ち止まったっていいんです。

生きてるから。

2011年6月10日、私は左乳がんを告知されました。
2012年1月11日、左乳がんを部分切除しました。
抗がん剤治療も、ホルモン治療も、放射線治療も、出来ることはやりました。

生きたいから。

我が家に迎えた、ちっちゃくておっきな「セキセイインコ」という名の家族を、
しあわせにしてあげることも、生きる目的です。
我が家の大黒柱の夫と、ずっと並んで手をつないで歩いて行くことも。

いつか「最期の日」が来るのですから、その日が来るまで楽しく、
明るく、歌いながら、スキップしながら、進んで行ければ最高です。

次の5年まで、まだまだ先は長いですけど。
このブログも、時々しか更新できなくなりましたけど。

良かったら、一緒に「歌いながら」、生きていきましょう!
どうぞよろしくお願いします!<(_ _)> 

今日で、告知から丸5年が経ちました。
2011年6月10日、浜松オンコロジーセンターで告知を受けて、
「へー、そうか」と、ショックよりも何故か納得して帰ってきた日から、
丸々5年が経ったんですね……。 

今朝、「明日は夫の誕生日だし、私たちの入籍記念日でもあるから、
今日は何もないんだろうな……しょんぼり(´・ω・`)」と思いながら、
朝食を作るためにダイニングに移動したら、 テーブルの上の、
私のノーパソの上にちょこんと、ブルーの封筒が置いてありました。 

「ああ、この人のこういうところが、好きだなぁ……(*´ω`*)」と、再確認。
 
いつもいつも、私のことを思って、私が喜ぶことを一番に考え、 
自分が苦手なことでも、率先してやってくれる夫のことを、
本当に「好きだなぁ」って思ったし、 「この人で良かったなぁ」と、
本当に嬉しくて……感動しました(*´ω`*)

5年の間に、山もありましたし、谷も、大海原もあったと思います。
でもそのいつでも、夫が寄り添い、家族や友達、医療関係者の皆さんが、
支え続けてくれたことが、この5年を「生き延びた」賜物だと思います。

夫に関しては、「彼氏→婚約者→夫」と、ジョブチェンジしながらでしたし!

この次の5年、その先の5年、生存率を超えて、ずっと支え合えるように、
並んで歩いて行けるように、「生きて」行きます♪(*´∀`*) 

このページのトップヘ